30歳からの転職に重要となるノウハウ

*

30歳で希望の転職を果たすために

1.転職市場で30歳の人気が高い理由

 景気回復の兆しが見えるいま、転職市場では30歳前後のニーズがさらに高まっています。その背景には、新人を一から育てるほどの体力を持っていない企業が増えていることに加え、到来したビジネスチャンスを逃さず、競合他社に勝つためには、業界や職種で経験を積んだ、即戦力が必要だからです。

 30歳ともなると、これまでの経験で育まれた実績や、人的ネットワークを活用して、転職した企業に貢献することができます。新しい環境にもなじみやすい若さを兼ね備えていることも、企業には魅力的に映るのです。

 また転職希望者にとっても、30歳は、転職には最適な年齢といえます。それは、これまで経験を積んできた業界や職種での経験を活かしてキャリアアップすることも、それをバネにキャリアチェンジすることも可能な年齢だからです。一番選択肢が多い30歳という年齢を上手に活かして、目指す将来につなげる決断をしましょう。

2.30歳が持つ強みとは?

 ストレートに大学に入学し、新卒で就職すると、30歳になるまでに8年の社会人経験を持つことになります。応募企業側から見ると、30歳は仕事のプロとして、自分なりの専門分野を確立し、これからさらに飛躍が見込める年齢です。

 同じ業界や職種でキャリアを積んできたのであれば、専門分野の知識や技術、そこでの経験、ひとによっては資格などを有し、自分の考えを持って仕事を進められる点が、大きな強みとなります。そして、これまで培ってきたキャリアを活かして、即戦力として企業に成果をもらたす力があることも、強みといえるでしょう。その点をしっかりアピールするためにも、具体的なエピソードを添えて説明できるよう準備しておくことをおすすめします。

 また、30歳で中途採用した社員であれば、会社の将来を担う幹部候補生としての期待もあるはずです。これまでプロジェクトリーダーや、後輩の育成指導を行った経験があれば、さらにあなたの強みが一つ増えます。マネジメントやコーチングのスキルアップにつながる経験がなかったかどうか、自分のキャリアをしっかり振り返ってみてください。

3.企業が30歳に求めることとは?

 企業が30歳の転職希望者には、即戦力としての成果を求めると言いましたが、これは前職と同じように働けばよいということではありません。これまでのキャリアと経験を通して培った、あなただけが持つノウハウを、新たな職場でも活かすということです。

 既存の風土に新しい風を吹かせることも、30歳の転職者に求めるものの一つです。仕事の進め方は会社ごとに異なるものですが、成果を出すために何をすべきかを考えて行動し、そのために周囲のひとに働きかけを行うといった積極性を、企業は求めています。自分の考えや持っているスキルを周囲に伝え、新たな環境でそれを応用してさらに大きな成果に結び付けることは、20代にはできないことです。

 それを実現するためには、新しい組織にいち早く溶け込み、周囲と人間関係意を構築しなければなりません。協調性やコミュニケーションスキルがあることも、30歳の転職者に求められるのです。30歳の転職者に対し、迎える同僚や上司が必ずしも好意的とは限りません。そうした状況であればあるほど、だからこそ自分から周囲に働きかける力が必要となり、それは将来組織マネジメントに活かされる経験となります。何事も能動的に進められるよう、自分を確立しておきましょう。

4.転職サイトを活用し、最善な転職を!

 30歳で転職先を探そうと思うなら、やはり転職サイトは複数に登録し、徹底的に活用することをおすすめします。転職サイトにも得意の業界や職種によって、寄せられる求人情報が変わります。一つでも多くの求人を持つことで、自分に合った仕事や職場に出会う確率があがります。

 また、転職サイトにはスカウトサービスが用意されていることが多いので、自分の経歴を登録しておき、興味を持ってくれる企業を待つこともできます。自ら転職活動をしなくても、相手からオファーが届くのですから、活用しない手はありません。

 また、よりハイクラスな求人を希望するなら、転職エージェントに登録し、非公開求人や独占求人を紹介してもらうという方法もあります。無料でキャリアコンサルタントのカウンセリングを受けることができ、対面で面談した後に、マッチングする企業を紹介してもらえるので、自分で求人を探して応募するより、よりあなたに合った仕事を見つけやすくなります。また、キャリアコンサルタントはプロの目であなたの適性や志向性を見極めるので、これまでの経験は活かしつつ、別なステージで活躍できる求人を紹介してもらえるケースも少なくありません。

 転職サイトと転職エージェントを併用すれば、応募書類や面接対応の準備、企業の独自情報の収集など、個人では難しいサポートをしてもらうこともできます。積極的に活用しましょう。

おわりに

 30歳は転職市場では、最も選択肢が広く、条件のよい求人を探せる年齢といって過言ではないでしょう。ですが、30歳の転職希望者すべてが、満足のいく転職を実現しているわけではありません。その理由は、徹底的に自己分析を行い、将来のキャリアプランが明確になったかどうかと、その計画に合った求人をきちんと探せたかどうかにかかっています。

 転職を考えた理由はいろいろあるでしょうが、それが給料の低さや職場の人間関係の問題だけなら、次の転職でそれがすべて払しょくされ、必ず成功するとは断言できません。30歳での転職は、その後のビジネスマンとしてのキャリアに大きな影響を与えるものなのですから、現職でできうる限り、問題の改善をはかる努力が不可欠です。その結果、やはり退職を選ぶにしても、その経験は次の転職に必ず活かされます。

 自分が仕事で何を実現したいのか、ワークライフバランスをどう考えるのか、キャリアをどんなふうに積んでいきたいのか。転職活動を始める前に、一度真剣に考えてみてください。自分と向き合うのは簡単な作業ではありませんが、そこをしっかりやっておけば、満足のいく転職がきっと実現できるはずです。

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
求人の件数1000件以上!毎週求人更新!

公式サイトへ

利用者の声
良かった
先に転職した同僚に、30歳からの転職なら、将来のキャリアを見越した方が良いからと、リクルートエージェントを勧められた。キャリアアドバイザーと一緒に自己分析とキャリアの振り返りをする中で、自分の強みを再発見したり、仕事の志向性が明確になったことで、キャリアビジョンを描き直すことができた。そのビジョンに合った求人を紹介してくれたキャリアアドバイザーのおかげで、前向きな転職が実現できたと感謝している。
良かった
結婚や出産、育児でキャリアを閉ざされることがないように、未婚のうちに転職しておきたいと考えていました。一般事務職として働いてきたので、思うように求人がないかもしれないと思っていましたが、リクルートエージェントは産休・育休制度の実績があり、働くお母さんが多い企業を紹介してくれました。エージェントレポートを読んで、会社の雰囲気もよさそうだったので、これから応募します。入社できるよう、精一杯がんばります。
普通
これまでも転職の経験があるが、変わるたびにレベルダウンしてきたので、プロのサポートが受けたくて、リクルートエージェントに登録した。最長でも2年しか勤務が続かない自分は、転職するうえで不利になることがわかってはいたが、キャリアアドバイザーが熱心に求人探しをしてくれている。だが、非公開求人に応募できるスキルやキャリアがない自分が、ここからレベルアップができるのか、自信が持てないままだ。

公開日:
最終更新日:2014/11/19