30歳からの転職に重要となるノウハウ

*

履歴書の選び方

   

市販の履歴書は全部一緒ではない

 市販の履歴書は、全て同じではありません。まずサイズの違いがあります。昔だと履歴書はB5サイズが一般的でしたが、今ではA4サイズの履歴書も多く販売されています。また、店頭に並んでいる履歴書は、ぱっと見ではどれも同じに見えますが、実は記入する項目が若干違っているのです。大抵履歴書の左半分は同じ項目となっているケースが多いですが、右側半分は異なっています。例えば好きな科目やスポーツ、希望収入欄や自己アピール欄などなどは必ずあるわけではなく、履歴書によって違うのです。

市販の履歴書の選び方

 自分の書きやすい履歴書を選ぶのが良いでしょう。何も書く事がないような項目については、あえてその履歴書を使うのではなく違うタイプのものを使いましょう。履歴書が空欄ができると面接官などに与える印象は悪くなります。わざわざ書けない履歴書を使う必要はないのです。

 また、逆に自己アピールなどの欄は大きいものにしましょう。履歴書は最初に採用担当者が見る書類となります。そこでいかに自分をアピールできるかがポイントとなりますので、それを最大限活かすのが良いです。履歴書によって記入できるスペースは異なります。もしスペースが小さく記入する内容が多いと、文字が小さくなり読みづらくなってしまいます。そうならないためにも、履歴書選びは大切なのです。

履歴書はA4とB5どちらを選ぶべきか

 結論から言うとA4サイズが望ましいです。ただ全てA4サイズが良いというわけではありません。用紙サイズは明確なルールがあるわけではなく、応募した企業によって使いやすいかどうかで決まっています。そのため、B5サイズと指定があった場合には当然そのサイズを選ぶのですが、日本にある企業の多くがA4サイズを好んでいるのです。

 これは履歴書だけではありませんが、書類サイズをA4で使用しているケースが多く、企業として整理するうえでも便利なのです。そのために特に指定がなければA4サイズが望ましいのです。また、応募時には履歴書だけでなく職務経歴書を同封するケースが多いですが、職務経歴書は基本的にA4サイズです。それと履歴書サイズを合わせることで、統一性も生まれるのです。

 - 応募書類

  関連記事

履歴書郵送のポイント

①履歴書郵送のポイント ●企業宛なら御中 ●履歴書在中を忘れず書く ●添え状を付 …

採用担当者の目に留まる職務経歴書を書こう

採用担当者の目に留まる職務経歴書とは?  30歳ともなれば、これまでにいくつか転 …