30歳からの転職に重要となるノウハウ

*

採用される人になるために

   

採用される人と採用されない人の違いとは?

 転職市場において、30歳は最も求人数が多い年齢と言っても、過言ではありません。他の年代と比べると、比較的転職は容易なはずなのに、それでも採用される人と採用されない人がいます。では、その違いとは、一体どのようなものなのでしょうか。

 企業が30歳の中途採用者に求めるのは、即戦力として活躍することと、将来の幹部候補として、会社になじむことの二つです。そのため、新たな環境で意欲的に、主体的に仕事に取り組む人材を採用したいと考えています。

 また、即戦力として成果をあげるためには、持っているスキルや実績が、募集している求人に合致していることが不可欠です。つまり、企業のニーズと求職者のアピールポイントに重なる部分が多く、やる気のある人材が採用されやすいということです。そして、キャリアプランが明確で、転職理由に納得がいくことも、大事なチェックポイントになります。

 一方、採用されないひとに共通しているのは、前職あるいは現職に対する不満から逃げるために転職を希望していることです。いま抱えている問題や課題を解決するための努力をせず、環境を変えることで何とかしようと思うひとに、企業にプラスになる仕事などできません。
 
 いま、自分がなぜ転職したいと考えているのか、もう一度冷静に振り返ってみてください。現状から逃げるための転職なら、その前にやるべきことがあるかもしれません。

採用される人になるためのポイントとは?

 自分が採用されるひとになるためのポイントとしては、自分の強みと弱みをしっかり自覚することが大事です。自分の強みを活かして何ができるのか、応募企業の求人にいかにマッチしているのかをきちんと伝えられれば、それだけで採用の各確率があがります。

 また、弱みを自覚していれば、それに対処する方法を探すことができます。自分を客観視できるひとは、組織の中で周囲のひとを見ることに長けていることが多いので、職種以外の役割を担える点をアピールすれば、ライバルに差をつけることができます。

 転職の理由がネガティブなものであっても、それをポジティブにとらえてプレゼンできることが、採否の大きな分かれ目になります。何事にも前向きに取り組む姿勢を、しっかりアピールしてください。

 - 30歳からの転職ポイント

  関連記事

no image
転職市場価値を知ろう

自分の転職市場価値を知ろう  30歳で転職を成功させようと思うなら、まず自分の市 …

no image
30歳からが企業に求められることとは?

30代前半が企業から求められることとは?  30代は、転職市場で最もニーズが高い …