30歳からの転職に重要となるノウハウ

*

採用担当者の目に留まる職務経歴書を書こう

   

採用担当者の目に留まる職務経歴書とは?

 30歳ともなれば、これまでにいくつか転職してきている人もいるでしょう。そうなってくると職務経歴書の書き方には工夫が必要です。まずは職歴の中で自己アピールできる部分を探し、それをメインに作成しましょう。採用担当者が職務経歴書で興味を引くのが、応募者の能力です。

 自分の会社に入社してどういった能力を発揮してくれるのかが大事になっています。基本的に採用担当者は一通り目を通しますが、対して重要としない情報に関してはさらっと見る程度です。そのために、企業が必要としている人材と、自分の持っている能力でマッチしている内容をメインに書いてください。

 例えばこれまでに3社に勤務していたとし、その中で1社で得たスキルが応募先で活用できるとします。その際には2社の情報は簡潔にし、アピールできる1社の情報をできるだけ詳細に記入するのです。そうすることで採用担当者は読みやすいですし、必要としている情報を得ることができるのです。

読んでもらえない職務経歴書とは?

 基本的に企業は求人情報を掲載して募集をしていますので、応募書類に対して目を通さないといったことはありません。ただ、よほど字が汚い、書類がボロボロといった具合には読まない可能性もあります。まず職務経歴書で大事なのは、読みやすさです。字の丁寧さは重要ですが、校正も大切です。例えば職歴を記載するのに箇条書きであったり、段落などが一切なかったら、読み手としてはとても読みづらいでしょう。

 また、職務経歴書は一般的に1枚から2枚程度にまとめるのが良いです。採用担当者はもちろん働いていますので、仕事はこれだけではありません。忙しい時間の中で選考していますので、そんな時に職務経歴書が5枚もあったら全て読めるでしょうか。そのためにも多くても2枚程度にまとめるのが望ましいです。

 最後に職務経歴書で最も大切な部分ですが、応募者のこれまでの業務内容や能力が記載されていない、もしくは伝わらないことです。採用するかどうかでとても大事な部分となることが、採用担当者に伝わらないような職務経歴書は、意味を成さないのです。そのため、読んでも仕方ないと思われてしまいます。

 - 応募書類

  関連記事

履歴書の選び方

市販の履歴書は全部一緒ではない  市販の履歴書は、全て同じではありません。まずサ …

履歴書郵送のポイント

①履歴書郵送のポイント ●企業宛なら御中 ●履歴書在中を忘れず書く ●添え状を付 …