30歳からの転職に重要となるノウハウ

*

転職が上手くいかないときの対処法

   

転職が上手くいかない時の対処法とは?

 30歳での転職を考えている人、または転職活動中の人も多くいると思います。企業側が採用したい年代は、35歳くらいまでがピークと言われていますので、転職活動も30歳~35歳くらいまでに行うのがベストと言われています。

 そのため、30歳で転職を決意する人が多いのですが、その活動が上手くいかない時も多くあります。そんな時に負けずと活動を行っていくことも大切ですが、何も変えずにそのまま活動をしても成功しない可能性があります。もし何社も受けて全く上手くいかない時には、これまでの自分を振り返ってみると良いでしょう。何かしら上手くいなかい原因があるからこそ成功しないので、それを改善すれば上手くいく可能性が高くなるからです。

「応募書類で不採用となる場合」
 書類選考で落とされる場合には、いくつか理由があります。まずは履歴書や職務経歴書といった書類に問題があることです。企業が一番はじめて手にする情報となりますので、とても重要です。その書類に不備があったり内容が伝わらなかったりしたら、落とされる可能性が高くなります。今一度、自分の作った書類を確認してみましょう。

「応募先企業について調べる」
 書類選考で落とされるケースとして、企業が求めている人材ではないと、書類で判断されるときです。企業が即戦力を求めている場合に、未経験者として応募してもほぼ受かりません。これは当たり前ですよね。極端かもしれませんが、女性しか募集していないのに男性が応募しても受かりません。

 このように企業が求めている人材と自分があっているか確認して応募しなくてはいけないのです。そのため、未経験の業種へと挑戦するのであれば、未経験者でも採用してもらえる企業、経験者しか求めていない企業には、自分にそのスキルや経験がない場合には、応募しないようにしましょう。

「面接で不合格となる」
 面接で質問される内容というのは、ある程度予想しておくことができます。返答に詰まってしまったり、内容がまとまっていなかったりすると、面接官には伝わりません。面接は自己アピールの場となりますので、苦手な人は練習していくことをおすすめします。ハローワークや転職サイトなどを利用すれば、面接の練習や質問などを予想することができます。

 - 30歳からの転職の進め方

  関連記事

転職スケジュールを立てよう!

転職活動の主な流れを把握する  30歳になって、初めて転職を考えているなら、その …

転職の優先順位を明確にする

転職で何を優先するのか優先順位を明確にする  30歳で転職を決意したなら、活動を …