30歳からの転職に重要となるノウハウ

*

転職の優先順位を明確にする

   

転職で何を優先するのか優先順位を明確にする

 30歳で転職を決意したなら、活動を始める前に、転職の理由を明確にすることが不可欠です。それは、応募する求人を選択する際に、優先順位をつける必要があるからです。30歳での転職は、年代的に楽勝だと考える求職者が少なくありませんが、転職の理由が不明確で、キャリアプランも立っていないひとを採用してくれるほど、企業は甘くありません。

 また、「休みが少ない」「職場の人間関係がうまくいかない」「給料が安い」などの理由で転職をしようと思っても、条件がいい職場が働き心地がよいとも限りません。自分が意欲的に働くためには、どんな環境で、どんな仕事に就くべきなのかを、一度冷静に考えてみてはいかがでしょうか。

 あるいは、30歳までのキャリアを振り返ったときに、自分が最も達成感を感じた仕事は何だったのか、どんなことが得意で実績をあげることができたのかを考え、将来ビジネスマンとして、自分がどうなりたいのかを想像してみるのもよいかもしれません。

優先順位を明確にするメリットとは?

 企業は、自社に入社したいという熱意を持っている人材を欲しがっています。書類選考に通過して、面接に進むためには、応募企業の求人内容やニーズに即した応募書類を作成しなければなりません。そのためには自己分析と企業研究が不可欠ですし、本気で内定しようと考えたら、応募企業ごとに書類を書き直す覚悟が必要です。すると必然的に、書類の提出日が決まった企業から、本命を選び出さなくてはいけなくなります。
 

 転職の条件に優先順位をつけるメリットとしては、複数の企業に同時にエントリーしていても、面接日や結果が重なったときに、判断がしやすいことがあげられます。30歳であっても、自分が希望する条件がすべて通る転職ができるひとなど、ほとんどいません。仕事にやりがいを求めるのか、年収や福利厚生に重きをおくのか、キャリアアップを目指すのかという軸を持っていれば、応募企業を選んで準備することができます。

 また、軸を持つということは、自分の将来像をイメージできるということです。理想の自分に近づく転職を探している30代には、とても大事なことです。しっかり自分を見つめなおしてから、転職活動を始めてくださいね。

 - 30歳からの転職の進め方

  関連記事

転職スケジュールを立てよう!

転職活動の主な流れを把握する  30歳になって、初めて転職を考えているなら、その …

転職が上手くいかないときの対処法

転職が上手くいかない時の対処法とは?  30歳での転職を考えている人、または転職 …