30歳からの転職に重要となるノウハウ

*

転職市場価値を知ろう

   

自分の転職市場価値を知ろう

 30歳で転職を成功させようと思うなら、まず自分の市場価値を把握する必要があります。転職に際して、キャリアの棚卸しや自己分析は行っていると思いますが、それはあくまで自分の視点から行っているものです。

 自分では成果や実績をあげているつもりでも、応募企業の採用担当者から見れば、できて当たり前というレベルだと思われたら、書類選考を通過するのも難しくなります。現実の自分を客観視することで初めて、転職活動を戦略的に進められるようになると考えれば、転職市場価値を知ることには重大な意味があります。

 ところで、企業は30歳の求職者に何を求めているのでしょうか。それは、基本的なビジネスマナーが身に付き、指示を待たなくても自分で考えて仕事に取り組める、専門スキルを持っていることです。それに加えて、入社した環境にいち早くなれ、将来の管理職候補として成長することも求められています。

 つまり、自分の仕事に対してきちんと考え、主体的に取り組む姿勢とともに、周囲と協調して効率よく業務を遂行するためのコミュニケーションスキルも必要だということです。そうした年代特有の求められるスキルも加味して、自分の価値を知っておくと、その後の準備を進めやすくなるのです。

転職市場価値を調べる方法は?

 転職市場での自分の価値を調べる方法としては、転職サイトに登録することがあります。さまざまな業界や職種の求人を取り扱っている、総合型の転職サイトだと、業界・職種・年齢別の求人数ランキングが公開されています。自分がいる業界・職種・年齢が、このランキングとマッチしていれば、比較的転職は優位に進められるはずです。

 また、個人の価値を知りたいと思うなら、匿名でレジュメを登録してみましょう。転職サイトでは、企業からのスカウトを待てるサービスを提供していますから、自分に興味を持ってくれる企業がどれくらいあるのか、現実を知ることができます。

 また、上司や同僚、家族や友人に、自分のことを聞いてみると、自己認識とは違う回答が出てくるかもしれません。さらに転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントのカウンセリングを受ければ、より実感のある市場価値を知ることができるでしょう。

 - 30歳からの転職ポイント

  関連記事

no image
30歳からが企業に求められることとは?

30代前半が企業から求められることとは?  30代は、転職市場で最もニーズが高い …

no image
採用される人になるために

採用される人と採用されない人の違いとは?  転職市場において、30歳は最も求人数 …