30歳からの転職に重要となるノウハウ

*

30歳からが企業に求められることとは?

   

30代前半が企業から求められることとは?

 30代は、転職市場で最もニーズが高い年代と言っても、過言ではありません。ですが、キャリアによって求められるスキルが違う世代でもありますので、自分の年齢に合ったアピールをすることが不可欠です。

 では、30代前半の求職者に対し、企業が求めることは何なのでしょうか。まず、応募職種に対応する専門スキルや実績を持っていることが基本です。そのうえで、企業の教育・育成が前提ではなく、即戦力として活躍できるスキルがあるかどうかを見られます。

 そこには、環境の変化にいち早くなじめる柔軟性と、仕事を効率的に進めるために協調性を持って働けるコミュニケーション能力といった、ヒューマンスキルの有無も多く関係します。自ら率先して仕事に取り組み、成果をあげる努力ができるかどうかが、企業にとって着目すべきポイントです。

 応募書類や面接では、応募企業でどんな仕事をしたいのか、どんな働き方をしたいのかという熱意を語るだけでなく、これまでの経験を活かして、どんな成果をあげられると考えているかなど、一歩進んだアピールをするように心がけましょう。

30代後半が企業から求められることとは?

 企業が30代後半の人材を採用しようと考えている場合、将来の幹部候補生としての資質があるかどうかが重要なポイントになります。そのため、プロジェクトリーダーやマネジメント経験を問われることも多くなります。

 30代後半になるまでのキャリアの中で、培った実績やノウハウを活かして、リーダーシップを発揮しながら、自分だけでなく組織で成果をあげることに取り組む姿勢を、アピールすべきでしょう。その際、言葉だけでは何の説得力もありません。過去の実績を例にとり、チームのモチベーションをどのように保ちながら、パフォーマンスをアップさせたのかなど、より具体的な方法を語るのがポイントとなります。

 また、30代後半なら、求人票に書かれている職務内容だけでなく、企業研究で採用の隠れたニーズに気づけるかどうかも重視されます。組織的に求められる役割を理解し、専門スキルだけでなく、ヒューマンスキルを活かして何ができるのかを伝えることも、一つの戦術といえるでしょう。まず、自己分析と企業研究をしっかり行い、マッチする点を徹底的に探してみてください。

 - 30歳からの転職ポイント

  関連記事

no image
採用される人になるために

採用される人と採用されない人の違いとは?  転職市場において、30歳は最も求人数 …

no image
転職市場価値を知ろう

自分の転職市場価値を知ろう  30歳で転職を成功させようと思うなら、まず自分の市 …